読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Ideal Tool

英語学習のアイデアと子連れ海外旅行♪

子連れ海外旅行第二弾、思案中~

子連れ海外旅行 旅のノウハウ 子供の英語教育

 f:id:macha-eng-ny:20170113174824j:plain

 ◎2015年子連れ海外旅行を計画した経緯

前回、2015年のゴールデンウイークに初の子連れ海外旅行をしました。

当時、息子は小2(7歳)で、娘は2歳半でした。

子供達にとっては、初の海外旅行、初のアメリカはドキドキ・ワクワクでしたね。

行先は、主人のリクエストでラスベガスにしました。

ロストバゲージに遭遇したりと色々ありましたが、子供達にとって最高の思い出と経験になったと思います。

前回の旅行準備を始めた時は、たまたま大阪伊丹空港へ出かけた時に「JAL関空-LA便就航」のポスターを見た直後に即決。

7ヵ月前から航空券を予約購入し準備をしました。

前回の旅行が終わって、もうすぐ2年になります。

アメリカへ入国の際に必要なESTAの有効期限は2年なので、とうとう再利用できず…。(本当は2年以内に渡米したかったのですが…。)

そろそろ行動を起こそうかと、情報収集を始めました!

 

◎旅行資金の準備

2年前の旅行は、私が独身時代から掛けていた貯蓄型の生命保険が満期になったので、それを航空券の費用に充てることができました。

さて次回の旅行は、どうやってお金を工面しましょう?

今のところ、私のバイト代をプールしてるので、コツコツと準備したいと思います。

 

◎旅行出発日(予定)

出発日は、来年2018年の夏休みを目標に設定しています。

その時は、息子は小5(10歳)、娘は年長(5歳)の年齢になっています。

まだまだ先の話ではありますが、今年中に手配する必要があるため、決意表明として記録しておきたいと思います。

 

◎航空券の選択

なぜ今から準備する必要があるのかというと、日系航空会社の正規割引運賃(PEX航空券)の一番安い価格帯を狙っているからです。

過去には格安航空券等も利用したことはありますが、子連れ旅なので以下事項を重視しています。

・日系航空会社の直行便を利用したいため

・日系航空会社なら機内食やサービスが充実していて子連れには最適

・小児(2歳~11歳)運賃が適用される(大人運賃の約75%)

・事前の座席指定ができる

(格安航空券の場合、事前座席指定はできないため、座席がバラバラになる可能性もあります。)

前回も正規割引運賃を利用したので、要領は得ています。

 

◎目的地はサンフランシスコ

次の旅行は、息子のリクエストでサンフランシスコが有力候補になりそうです。

霧がかかっているゴールデンゲートブリッジを見たいという理由からです。

私は、2005年にサンフランシスコへ一人旅をしました。

本当に素敵な街でしたね。ぜひ、また行きたいです。

本心は、ニューヨークにへ行きたいですが…。

東海岸への直行便は、成田か羽田からの出発になるので、関西に住んでる者としてはやはり関空直行便が理想ですね…。

東海岸ならフライト時間も長くなりますし、子供達がもう少し大きくなればニューヨークへ連れていきたいと思います。

 

◎LAでストップオーバー

西海岸へのアクセスは、前回利用したJAL関空ーLA便は子連れにはとても便利だったので、LA滞在も含め考えてみたいと思っています。

ニューヨーク好きの私にとって、LAはまぁまぁって感じですが、子供が楽しめる場所には出かけてみたいですね。

前回も最終日の1泊はLAで滞在したので、LAで2泊滞在してディズニーランドへ行こうかと思います。

実は、16年前サンタモニカ滞在中に路線バスで片道3時間かけてアナハイムのディズニーランドへ行ったことがあります。

すごく無駄な時間の使い方をしていたのですが、独身気ままの一人旅では時間は湯水のようにあったなぁ~とつくづく思いますね。

最高の子連れ旅行になるよう、じっくり時間をかけて計画していきたいです。