読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Ideal Tool

英語学習のアイデアと子連れ海外旅行♪

ハドソン川の奇跡

今日は、小学校が休み(代休)だったので、息子と二人で映画を観に行きました。

娘を幼稚園へ送った後、映画館へ行き、「ハドソン川の奇跡」を観ました。

wwws.warnerbros.co.jp

 

なぜこの映画を選んだのか?

私自身、NYマンハッタンは何度も訪れ、地理的な事も分かるし、地図なしで歩ける街です。

他都市周遊や乗り継ぎのため、アメリカの国内線を何度も利用したこともあります。

どこか遠い異国の出来事とは思えず、本当に身近に感じました。

2009年、「ハドソン川の奇跡」の一報が飛び込んできた時、関心が高かったニュースでした。

私は、2001年の9.11アメリカ同時多発テロがあった年は、2月と11月の2度NYへ渡りました。

二度と9.11ような大惨事を引き起こしたくないと、マンハッタンを避け、マンハッタンとニュージャージー州の間に流れるハドソン川に機体を不時着水させた奇跡、機長の想いが伝わってきます。

昨年子供を連れ、10年振りにアメリカ西海岸を旅行し、実際にアメリカの国内線にも搭乗しました。

その時、息子にも「ハドソン川の奇跡」の話もしました。

今年、トム・ハンクス主演で映画化されたので、観に行くことにしました。

 

NYの周辺の空港

NYマンハッタンへの玄関口は、主に3つの空港があります。

日本からの直行便はJFK空港、主にアメリカ国内線はラガーディア空港、

ハドソン川を挟んだ対岸のニュージャージー州にあるニューアーク空港があります。

機長が操縦した機体はラガーディア空港を離陸した直後、バードストライクに遭い、両方のエンジンが停止したことから始まりました。

マンハッタンからはラガーディア空港が一番近い位置にありますが、離陸した直後なので、高度が十分でなかったため旋回して引き返す事が出来ない状況がわかりました。

 

様々な人間模様が描かれている

不時着水した直後、機体が沈み始め、脱出や無事全員救助されるまでのサバイブする人間模様は様々で、パニックに陥りながらも、それぞれの人生においてのストーリーがあったのだと思いました。

機長は英雄と称えられた一方、空港へ引き返せたのではないかと判断ミスを疑われ…

(ネタバレになるのでこの辺で。)

 

子供と一緒に観て思った事

字幕だったため子供は映像を頼りに観ている状況でしたが、NYの景色や街並み、飛行機を操縦する機長と副操縦士のシーン、搭乗している人々の気持ちや表情、飛行中のシーンは臨場感があり迫力があり、親子共に共感する場面がたくさんありました。

ぜひ、DVDが出たら、吹き替え版で観たいと思いました。